.

クレカを店舗で決済する際、体験があるのではないかと思いますが、店員がわからないことでどちらのレシートをお客様に渡すべきか迷っていることがあります。クレカを使うと、機械からは3枚1組の使用レシートが出てくるためでそれらのうちどのレシートを利用者側へ渡すのか判断できないという話です。3組綴りの利用明細の説明)上で述べた複数枚の利用明細の意味とはどういうものかというのは、下記の通り。1利用者に渡す利用明細。2お店の控え明細。3クレジットカード会社控え明細レシート(記名をする紙)。通常は絶対カード利用者のもとへ保管して頂くレシートの方を渡してくれるのだが時には、別のレシートの方をカード利用者へ間違えて渡してしまうということや記名した明細レシートを渡してしまったなどというパターンも見受けられるのです。バイトの従業員に対してや、普段カードというものが利用されない店の会計においてクレジットを使用する際そのような従業員の動揺が体験できると思います。いつかスタッフが間違った利用明細というものを渡そうとしてきた時には、やさしく「これじゃありませんよ」と正してあげてください。

Copyright (c) 2000 www.fusphoto.com All Rights Reserved.