.

破産手続きの際に抱える負債に対して保証人となる人物が存在する場合は、事前に相談しておいたほうがよいでしょう。ここで、強調しておきますが、借金に保証人を立てているときは破産宣告の前段階で前もって考えた方がいいでしょう。なぜかというともし破産申告をしてOKが出れば、補償する立場の人がそれらの借金をみな支払うことになるからです。ですので、破産の前に保証人になってくれた人に至った経緯や現状について説明しお詫びをしなければいけないでしょう。そういうことは保証人になるひとの立場で考えると求められることです。友人等のあなたが破産の申告をすることからいきなり何百万円もの借金が生じることになるのです。そうして、それからの保証人である人の行動の選択肢は以下の4つになります。一つの方法はあなたの保証人が「いっさいを払う」という手段です。保証人である人がそれら何百万もの債務をポンと返済できるといったようなキャッシュをたくわえていれば、この方法が選択できるでしょう。でもむしろ自分は自己破産せず保証人となる人に立て替えてもらいあなた自身は保証人に月々の返済していくという形も取れるかと思われます。保証してくれる人が破産を検討している人と良い関係にあるのならばいくらか期日を延ばしてもらうこともできないこともないかもしれません。保証人がまとめて完済不可能でも、話し合いにより分割での返金に応じるかもしれません。その保証人にも破産手続き行われると、貸金がすべて戻ってこないことになってしまうからです。また保証人がそのカネをあなたに代わり背負う財力がなければ債務者と同じように何らかの方法による債務の整理を選択することが必要です。2つめの選択肢は「任意整理」を行う方法です。この方法を取る場合貸方と相談する方法によって、おおよそ5年弱の期日で返済する方法になっています。弁護士事務所に依頼するにあたっての費用は債権者1社につき約4万円。もし7社からの借り入れがあれば28万必要です。当然債権者側との交渉は自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんが債務処理に関する経験や知識がない方だと相手が自分に有利なプランを提示してくるので気を付けなければなりません。それと、任意整理を行う場合も保証人である人に債務を負ってもらうわけですから借りた本人はたとえちょっとずつでもあなたの保証人に返していくべきでしょう。続いて3つめは保証人も破産した人と同様に「破産申告する」という方法です。あなたの保証人も返済できなくなった人といっしょに自己破産をすればあなたの保証人の借金も帳消しになります。ただその場合は、もし保証人が有価証券等を登記している場合は個人財産を没収されてしまいますし、資格制限がある職業についているならば影響があります。その場合、個人再生による手続きを活用するといいでしょう。最後の方法の4つめの方法としては「個人再生による手続きを取る」ことができます。土地建物等を残したまま借金の整理をしていく場合や破産申し立てでは資格制限にかかるお仕事に従事している方に利用できるのが個人再生です。この処理の場合自分の家は処分する必要はありませんし破産手続きの場合のような職種制限資格に影響する制限がかかりません。

Copyright (c) 2000 www.fusphoto.com All Rights Reserved.