.

借り入れについての支払方法はクレジットカード会社各個で随分相違というものがあり多様なやり方が導入されています。基本的なところでは残高スライド法やリボ払い方法などが選択されているみたいです。斯うした多くの人がわかっているリボルディング払ですけれども、本当を言うと算定方法にはおおくの様式といったものがあったりするのです。またしかよう形式によっては引き落し金額が違ってきてしまいますので、心得ておいて負担になることはないでしょう。ではやさしく両者の手法の差異について説明しましょう。一つ目は元金均等払いで、もう一つは元利均等払いというものです。両者はその名を冠する通り、元金についてを均等にして返済していくのと元金と利子を合わせて均分に返済していく方法です。ここでは仮に10万円を借りたというふうに、実際どのような算定をするかやってみましょう。利子はどちらも15%というふうに考えます。更にまたリボルディング払に関する支払いを1万円というふうに計算します。先ずは元金均等払いのほうからです。かような場合の最初の引き落しは1万円に対して利率分の1250円を加算した支払になります。次回の返済については1万円へ利息1125円を加えた返済額になります。かくして全部で10回で引き落しを完了させると言う方式です。他方元利均等払いは最初の支払は1万円ですが元金に8750円、利率へ1250円というように分配するのです。2回目の支払いに関しては元金が8750円に減った状態で利率を算定して1万円から更に分配するのです。つまり、元利均等払いの事例では10回で支払が完済しない勘定になってしまいます。たったこれだけの相違で二方がいかに異なってるのか十分に分かって頂けたでしょう。元利均等とは元金均等に比べ明瞭に元金が減少するのが遅延しているという難点が存在したりするのです。即ち金利というものを多く払うと言う状況になったりするのです。他方1回の支払いが些少な金額で済んでしまったといった利点というものも存在したりします。こういった支払方式に関しての相違によって引き落しトータルというのは変わってきますからご自分の計画に合った方法をするようにしていってください。

Copyright (c) 2000 www.fusphoto.com All Rights Reserved.